西島悠也の福岡の梅が枝餅を紹介。

西島悠也の福岡の梅が枝餅の歴史。

 

梅ヶ枝餅(うめがえもち)と聞いて、梅の味がすると思ってしまいますが、実は梅ヶ枝餅(うめがえもち)は、梅が一切入っていません。
梅も入っていませんし、梅の香りもしません。
小倉餡を薄い生地で包み込んだ、パリッとした甘い焼きまんじゅうです。
梅の刻印が入った焼餅です。

 

由来は、菅原道真が老婆の売っていた饅頭が大好物で、菅原道真が亡くなった際に、その老婆が焼餅に梅の枝を添えて、墓前に供えたのが由来と言われています。